最優秀賞

賞金10万円 または 授業料1年間免除

該当者なし

優秀賞

Amazonギフトカード1万円分 または 授業料半期免除

イラストレーション部門

魚地 咲弥花

「約束されない未来」

アート部門

亀田 怜那

「メイリー」

エッセイ部門

ヤマダ マハ

「芸術残留記」

写真部門

クラフト部門

短編マンガ部門

カード風イラスト部門


上記部門、該当者なし

入選

賞状、記念品




伊藤 ひなた 「初夏の夕焼け」

ナカヤマ アオイ 「挑む」

早乙女 未玲 「鳳凰の舞」

福田 侑樹 「愛おしさすら疎ましい」

平塚 愛莉 「焼けるようでこそ」

佐々木 奈南 「14才」

おトマ 「友達」

チョコォ! 「『愚かな   』」

森井 モーリー 「心痛爆発」

ぐりばーと。 「親愛なる自動人形と出かけた思い出」

鈴木 衣織  「光の方へ」

奥寺 陽 「夏」

原田 桃花 「時計」

多数のご応募ありがとうございました。
入賞、入選のみなさまおめでとうございます。

ABOUT

BUNSEI CUPは、高校生の皆さんの自由な創作活動の応援、そして、新しい才能の発見を目的とした文星芸術大学主催のコンクールです。開かれた発表の場として、イラストレーション、写真、クラフト、短編マンガ、カード風イラスト、アート、エッセイの7部門から、オリジナル作品を公募します。あなた自身の表現で自由にチャレンジしてください!!

AWARD

  • 最優秀賞 1点
  • 賞状
  • 賞金10万円または 授業料1年間免除
  • ※大学1年次の授業料84万円を免除
  • 優秀賞各部門1点
  • 賞状
  • Amazonギフトカード1万円分または 授業料半期免除
  • ※大学1年次の前期授業料42万円を免除
  • 入選数十点
  • 賞状、記念品
  • ※各賞の点数は最大点数です。該当者無しの場合もございます。

応募要項



応募上の注意

?応募作品はオリジナル、未発表のみ(2 次創作は不可)
?応募作品を広報、SNS で使用する際の二次使用権は文星芸術大学に帰属します。
?第3者の有する著作?肖像?商標?意匠権などの権利を侵害するおそれのある作品は応募できません。
?作品で使用する素材(例えば映像作品に音や音楽素材等)については、効果音も含め全てオリジナル、または著作権の問題をクリアにしたもののみ可とします。
応募者の個人情報は本学において厳重に管理し正当な理由なく第3 者への開示、移譲、貸与は致しません。

各部門要項

イラストレーション部門

?手描き、デジタルいずれも可
?タテヨコ自由、モノクロ、カラーいずれも可
?手描き原稿の場合は、スキャンまたはスマートフォンなどで原稿を撮影した写真データを送ってください。
?JPEGファイル データサイズ5MB程度

写真部門

?1枚写真またはシリーズ写真 ?シリーズ写真の場合は最大3枚までとし、写真ファイル名に番号をふるってください。 ?JPEG ファイル データサイズ5MB程度

クラフト部門

?高校の「美術」や「工芸」の授業で制作した作品や、自主制作した作品のどちらでも構いません。
?高さ×奥行き×幅 総計600mm以内 重さ10kg以内の作品を撮影し、JPEG形式のデータで提出
?写真は3方向から撮影したものを送ってください。 ?JPEGファイル データサイズ5MB程度

短編マンガ部門

?1ページ以上のマンガ。4コママンガもOK
?デジタル原稿の場合:サイズは商業誌用(B4)または同人誌用(A4)を目安に。解像度は300dpi
?アナログ(手書き)原稿の場合:スキャンして上記のサイズ解像度でデータ化するか、または、スマートフォンなどで原稿を撮影した写真データを送ってください。
?JPEGファイル、カラーモードは「グレースケール」「CMYK」「RGB」のいずれか。

カード風イラスト部門

?ソーシャルゲームのカード(スチル)風イラスト。背景までしっかり描くこと。
?手描き、デジタルいずれも可
?サイズはA4を目安に。タテ向き、カラーJPEGファイル
?手描き原稿の場合は、スキャンするか、または、スマートフォンなどで原稿を撮影した写真データを送ってください。
?ファイル データサイズ5MB程度。

アート部門

?平面、立体問わず
?素材、形態自由
?テーマ自由
?作品を撮影したデータを送ってください(5枚まで)立体作品の場合は3方向以上から撮影してください。
?作品データはJPEGファイル5MB程度。
?タイトルと作品についての説明文(200文字程度)を別途作成し、wordまたはpdfで送ってください。

エッセイ部門

?wordファイルまたはpdfファイルで送ってください。
?引用元、参考文献がある場合は別紙に明記すること。
?本文1200字以上
?テーマ 「災厄と芸術」
近年、2011年東北大震災をはじめとする多くの震災や洪水、コロナ禍など、現代を生きる私たちは、未曽有の災厄に見舞われています。そうした中で、音楽や美術に癒され救われた経験を持つ方は多いことでしょう。目や耳にした絵や楽曲に涙したり、希望を見いだしたり、現在の熊本県に当たる肥後の海に出現した妖怪アマビエをモチーフにした商品が開発されたり。災厄における芸術の役割や芸術と社会のあり方について、あなたの経験をふまえたエッセイ、あなたの思いを綴ったエッセイを募集します。